Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://susumerukai.blog87.fc2.com/tb.php/302-ccc82049

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

検定審議会宛要請書です

2008年7月25日
教科用図書検定調査審議会会長殿
社 会 科 教 科 書 懇 談 会

呼びかけ人
              荒井信一 石山久男 宇佐美ミサ子 大日方純夫 木畑洋一 
木村茂光 高嶋伸欣 田港朝昭 中野 聡 浜林正夫 広川禎秀
服藤早苗 峰岸純夫 宮地正人 山口剛史 米田佐代子
連絡責任者 石山久男
170-0005 豊島区南大塚2-13-8 歴史教育者協議会内
TEL 080-3023-6880 03-3947-5701

教科書協会による検定審議非公開の意見陳述に抗議し、
検定審議過程すべての公開を求める要請
教科書協会は、08年6月16日、教科用図書検定調査審議会(以下、検定審議会)に対して意見陳述を行い、「『審議過程での公開は避け、検定決定後に行われるべきだ』とし、現状通り非公開で審議し、決定後に議事録を公開するよう求めた。さらに『執筆者を含め、検定にかかわるものは守秘義務を果たすべきだ』とし、従来の検定審委員や教科書会社だけでなく執筆者にも守秘義務を課すことを求めた。同内容を文書でも提出した」(琉球新報08年6月17日付)ということである。
 そもそも、今回、渡海文科大臣の2007年12月26日の談話を受け、貴審議会が検定の透明化などの改善を検討しているのは、2006年度検定において、検定審議会の確認を超えて、教科書調査官が「軍強制」を認めないという間違った検定意見を付けたことが発端である。検定の密室性がそのような間違った検定意見を許したという、沖縄県民をはじめとした国民的な批判を受けて、貴審議会が「透明性の向上」など検定制度の改善について検討しているものと理解している。
 教科書協会の意見陳述は、今回、文科大臣が求め、貴審議会が検討している「透明性の向上」などを中心とする検定制度見直しの目的にまったく反するだけでなく、沖縄県民をはじめ私たち教科書関係者がこの間繰り返し要望してきた検定制度改革の方向にもまったく逆行するものである。現行検定規則による非公開を維持するだけでなく、さらに執筆者にまで「守秘義務」を課すことは、検定をますます密室化させることになる。このようなことをあえて要求することは、市民に開かれた民主的な教育の実現という今日の社会的要請に敵対し、教科書執筆者の学問・思想・言論の自由を侵すものでもあり、民主主義社会においては到底許されないことである。
 貴審議会は、教科書協会のかかる不当な意見に動かされることなく、検定審議過程すべての全面的公開をはじめ、私どもが別に要請している検定制度の抜本的改革に向けて、いっそう積極的な方向を打ち出されることを、あらためて要請する。
以上
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://susumerukai.blog87.fc2.com/tb.php/302-ccc82049

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

すすめる会

Author:すすめる会
FC2ブログへようこそ!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。