Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://susumerukai.blog87.fc2.com/tb.php/408-ebf19728

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

八重山採択に関する新聞報道8月19日その4

http://www.okinawatimes.co.jp/article/2011-08-19_22282/

「正しい教科書を」切々 元教師ら危機感

 「沖縄、八重山を担う子どもたちに正しい教科書を」―。八重山地区の中学校歴史教科書の選定問題は、県退職教職員会や連合沖縄など県内の教育界や市民層に広がっている。18日に相次いで会見した各団体は2007年にも、歴史教科書の検定意見撤回を求めた県民大会を主導しただけに、今回の動きにも強く憤り、危機感を募らせる。「教育は真実を教えるもの」「教壇にいた者として見過ごせない」と沖縄戦を体験した元教師らは声を震わせ、「つくる会」系教科書の不採択を求めた。

 県内小中学校の退職教職員で構成する沖退教は、県内約1000人、八重山地区約250人の会員がいる。平安常清事務局長は、07年9月の県民大会を挙げ「八重山を含め11万人が結集し、全市町村議会が検定意見の撤回を求めた。なぜ、県民自らが史実を正しく記述していない教科書を選ぶのか」と語気を強めた。

 県中頭退職教職員会の崎浜茂副会長は「沖縄の教育制度は、米支配下でも教育委員が公選され、政治支配から一定、中立だった。今回の露骨な動きに背筋が寒くなる」と表情を硬くした。

 県高校障害児学校退職教職員会の喜友名稔会長は「授業は教師と生徒の信頼関係で成り立つ。教科書を否定しながら進めるのか」と疑問を投げ掛けた。

 在沖八重山出身者有志の会は、約1週間で本島内の教育関係者に「つくる会」系教科書の採択反対を呼び掛け149人を集めた。

 呼び掛けた弁護士の仲山忠克さん(62)は「石垣市教育長の独断で、民主的な手続きが踏まれていない」と同問題の手続きを批判、「民主的な教育を担う教育長の資質が問われる」と指摘した。鉄血勤皇隊として戦争を体験した元教師の宮城政三郎さん(83)は「(同教育長の)県民感情と歴史的史実は別問題だという発言はショックだった。一番分かっている立場にあるはずなのに…」と声を震わせた。

 元中学校社会科教員の比嘉美江さん(63)は「沖縄は広島、長崎と並び、平和の問題をリードしていく立場」と先を見通した教科書選定を願った。

 自治労県本部の比嘉勝太執行委員長は一連の動きに「市政交代からの政治的な背景があるのでは。恣意(しい)的なものを感じる。出るべくして出た問題ではないか」と政治的な関与を疑った。
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://susumerukai.blog87.fc2.com/tb.php/408-ebf19728

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

すすめる会

Author:すすめる会
FC2ブログへようこそ!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。