Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://susumerukai.blog87.fc2.com/tb.php/416-990c49b8

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

八重山採択に関する情報(8月20日沖縄タイムス4)

画像もあります。

http://www.okinawatimes.co.jp/article/2011-08-20_22338/

[教科書比較](1)憲法

来春から中学生が手にする教科書の採択が、大詰めを迎えている。八重山地区で議論が渦巻く「新しい歴史教科書をつくる会」系の育鵬社と自由社版の歴史・公民教科書は「集団自決(強制集団死)」以外に、憲法や在沖米軍基地、男女平等のあり方などをどう捉えているのか。専門家や教員らに、帝国書院や東京書籍など他の5社と比較してもらった。

 「中学の教科書を読む機会はあまりなかったが、こんなに違うのか」。琉球大法科大学院の高良鉄美教授(憲法学)は、驚きながら各社の記述に目を通した。

 憲法の成り立ちで、育鵬社と自由社が強調しているのが、連合国軍総司令部(GHQ)による「押し付け憲法」の側面。教育出版や東京書籍、清水書院が、民間の研究者らの憲法案を参考にしたことを記し、帝国書院が「新しい時代に対する当時の国民の期待」があったと盛り込んでいるのとは対照的だ。

 帝国議会議員がGHQの意向に反対できず憲法がほとんど無修正で採択された―とする育鵬社の記述について、高良教授は「25条の生存権などは衆議院の意見が取り入れられた。憲法制定までに、議会によって多数の修正や加筆があり、事実に反する」と指摘。

 「現憲法はGHQに押し付けられたものだから、変えようという主張。特に9条をターゲットにしている」と延長線上に改憲の立場が鮮明に浮かぶとみる。

 実際、自由社は公民の教科書(市販本)で、自衛隊は違憲だとの主張があるとする一方で「憲法改正を行って自衛権の保有を明確にするとともに、自衛隊をわが国の軍隊として位置づけるべきだという主張もあります」と踏み込む。

 自衛隊関連の記述が手厚いのも特徴で、戦車や迎撃ミサイルといった「新型装備品」、東日本大震災時の災害派遣なども多くの写真や説明文で紹介。高良教授は「自衛隊配備が取りざたされている八重山で、この教科書が使われれば、子どもたちに与えるインパクトは大きい」と危惧する。

 本島中部などの中学校で30年以上、社会を教えた元教員の男性(70)も育鵬社、自由社版を「内容が一方的だ」と感じた。「憲法の授業で大切なのは、基本的人権の尊重などの三大原則。教師はそれを押さえた上で、沖縄では今も軍事優先の考えが人権を踏みにじり、憲法が十分に機能していない歴史を補強して教えることが大事」と投げ掛けた。
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://susumerukai.blog87.fc2.com/tb.php/416-990c49b8

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

すすめる会

Author:すすめる会
FC2ブログへようこそ!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。