Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://susumerukai.blog87.fc2.com/tb.php/421-6e781104

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

八重山採択に関する情報(8月21日沖縄タイムス2)

http://www.okinawatimes.co.jp/article/2011-08-21_22377/

集団自決、つくる会系教科書に三者三様

八重山地区の中学校歴史教科書の選定問題で、沖縄タイムスのインタビューに応じた八重山3市町の首長は、「集団自決(強制集団死)」などについて慎重に言葉を選びながらも三者三様の見解。「つくる会」系教科書には、ノーコメントとした中山義隆石垣市長に対し、川満栄長竹富町長は暗に反対する考えを示し、外間守吉与那国町長は一部で賛同した。2007年に市議の立場で文科省の検定意見撤回意見書に賛同した中山市長は当時を振り返り、「(文科省は)おかしいと感じた」とも述べ、現状と異なる姿勢にも受け取れる。(八重山支局・又吉嘉例)

選定制度変更 問題ない
中山義隆・石垣市長

 ―市教育長の玉津博克協議会長が主導し、制度変更をした。

 国の学習指導要領や教科書選定に関する通達を基にやっていると認識している。特段問題はない。

 ―今回の教科書採択問題が全国に広がっている。

 採択にどうこういう立場にはないが一連の動きで静かな状態で協議されにくくなっている状況は残念。「集団自決」に関する記述だけが問題視され、教科書全体の議論がなされていない。ただ、子どもに「戦争はいけない」ということをしっかり教えることは大事だ。

 ―「集団自決」の軍強制、軍関与についての見解は。

 私の考えを述べると、委員の選択に影響を及ぼす可能性があるため控えたい。

 ―2007年の市議会では、市議として歴史教科書の検定意見撤回を求める意見書の可決に賛同した。

 文科省が検定意見の中で削除を求めたことに対し、おかしいと感じた。

県民総意沿う教科書を
川満栄長・竹富町長

 ―協議会の制度変更に批判が集まり、問題化した。

 協議会も独立機関。役員や委員が決めたことにはコメントを控えたい。教育委員がいろんな視点で懸命に取り組んでおり、行政のトップとして指示や命令を出すわけにはいかない。

 ―「つくる会」系教科書には「集団自決」の軍関与が記述されていない。

 「集団自決」に軍関与、強制があったことは県内41市町村議会の意見書可決や県民大会、『大江・岩波裁判』でも示され、県民の総意として支持された。教科書も県民総意に基づいた編さんが望ましい。

 ―町長自身の見解は。

 体験者の証言もあり、軍関与はあったと思っている。沖縄戦の実相を反省すべき教訓として生かすことがいい社会、国づくりにつながる。教科書内容の全体を見ることも大事だが、事実を事実として見ることも大事にしてほしい。

「沖縄だけ被害者」疑問
外間守吉・与那国町長

 ―教科書採択問題が全国的な関心を集めている。

 尖閣問題を抱える石垣市など国境地域の八重山だが、これまで領土や領域、国益に関する教育は皆無だった。そのような教育について賛同する部分もある。

 ―教育関係者らは「つくる会」系教科書の歴史観を問題視している。

 沖縄戦では軍命の下で住民が自決させられ、戦争マラリア被害もあった。全市町村が検定意見撤回を求める決議や県民大会は尊重するし、戦争の悲惨さを風化させろとはいわない。しかし、いつまでも戦争被害を訴え続けるべきではないとも思う。

 ―その理由は。

 戦時中は東京で大空襲、長崎や広島で原爆被害もあった。本土でも被害があったのに沖縄は「われわれだけが被害者だ」と訴えているような感触がある。沖縄自身が、かえって沖縄差別をしているように感じる。
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://susumerukai.blog87.fc2.com/tb.php/421-6e781104

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

すすめる会

Author:すすめる会
FC2ブログへようこそ!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。