Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://susumerukai.blog87.fc2.com/tb.php/426-e8484ad7

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

八重山採択に関する情報(8月23日沖縄タイムス2)

http://www.okinawatimes.co.jp/article/2011-08-23_22447/

[教科書比較](5)原子力発電

原子力発電について、推進の立場を明確に打ち出しているのが育鵬社だ。『安全性や放射性廃棄物の処理・処分に配慮しながら、増大するエネルギー需要をまかなうものとして期待』などの表現で、その重要性を強調。自由社も太陽光など自然エネルギーの普及の必要性を説きつつ、原発は『安全性の高い技術を確立』したとの立場だ。

 一方、育鵬、自由両社のほか、教育出版を除く他4社も『原発は二酸化炭素の排出がない』または『(排出が)少ない』と記しており、原発の危険性を訴えてきた京都大学原子炉実験所の小出裕章助教は「核のごみの後始末にかかるコストや二酸化炭素の排出まで考えれば、原発は最悪の選択」と指摘する。

 神奈川県立高校教諭で、教科書・市民フォーラム(横浜市)の柴田健共同代表は「領土問題などもそうだが、原発の説明では政府の見解を盛り込まないと教科書検定に通らない。各社の記述が弱腰に見えるのはそのためだろうが、執筆者が努力した教科書は課題や問題点にもしっかり触れている」とみている。

 ただし、これらは3月発表の検定を通った見本本の段階での記述。東日本大震災や福島第1原発事故の発生を受けて、各社は来春から実際に生徒が使う供給本の印刷を前に内容を修正する見通しだ。

 本島南部の元社会科教員の60代女性は「原発事故によって、教科書は多様な視点を加え、負の側面からも目を背けてはならないことをさらに実感する」と話した。(おわり)
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://susumerukai.blog87.fc2.com/tb.php/426-e8484ad7

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

すすめる会

Author:すすめる会
FC2ブログへようこそ!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。