Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://susumerukai.blog87.fc2.com/tb.php/436-a028e98c

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

八重山教科書採択について(沖縄タイムス8月24日)

http://www.okinawatimes.co.jp/article/2011-08-24_22506/

八重山教科書:識者「手続き自体が不当」

 【八重山】現場教員らの調査員が推薦していない育鵬社版の公民教科書「新しいみんなの公民」を選んだ八重山採択地区協議会の選定が教育現場に動揺を広げるのは必至だ。識者は「手続き自体が不当だ」と問題を指摘している。

 玉津博克協議会長(石垣市教育長)は今回、協議会委員から学校現場の経験がある教育委員会の専門職員を外し、必ずしも教育経験者ではない教育委員と学識者を加えた。専門性の高い調査員による推薦教科書の「順位付け」も廃止。調査員の推薦の有無にかかわらず、教科書は協議会の責任と権限で選ぶとしていた。

 調査員は約1カ月かけて教科書を比較研究し、今月1日、協議会へ報告書を提出。委員8人に配られた報告書の推薦教科書の項目には「新しい歴史をつくる会」系の自由社、育鵬社の各社会科教科書は入っていなかった。

 報告書の調査研究資料では、育鵬社版公民教科書の問題点として「沖縄の米軍基地に関する記述がまったくない。小さな写真のみ」など14意見が並んだ。

 しかし、協議会では無記名投票で5票を獲得した同社教科書を選定。歴史教科書についても、選定された帝国書院4票に対し、育鵬社は3票を集めていた。

 玉津会長は教員らの専門性の反映については「複数推薦制度で吸い上げる」としていたが、選定後の会見では「自分たちが責任を持って選んだ。推薦に縛られない本来の形になった」と述べた。

 識者らは、八重山地区の一連の手続きが、教育現場の意見が反映されない仕組みに変容したとして「不当」と批判。説明責任を厳しく問う必要性も指摘する。

100人、教委前で抗議

 【八重山】歴史をゆがめるな―。八重山地域でどの教科書が使われるかを左右する選定協議会が開かれた石垣市教育委員会前には、教育関係者ら約100人が集まり、「つくる会」系を選ばないよう訴えた。

 元小学校教員の桃原当三さん(82)=石垣市=は、「あざむかないでウチナーの心を」と書かれたプラカードを持って集会に駆け付けた。沖縄戦時は、鉄血勤皇隊の学徒兵。地雷を抱えて敵陣に突っ込む訓練を繰り返した。「自分が現役時代ならこんな教科書が選ばれることは想像もできなかった。子どもたちの将来のためにこの流れを必ず止めたい」と、照り付ける日差しの中で汗をぬぐった。

 石垣島出身の宮城恵子さん(64)=南城市=はこの日の朝、八重山在住の教職員関係者と電話しているうちにいてもたってもいられなくなり、石垣行きの飛行機に飛び乗った。中学校の元社会科教師の宮城さんは「ここは譲ったら沖縄の教育は崩れる。歴史とは過去を教えるだけでなく、自分たちの未来を考えることです」と決意を述べた。

 協議会は非公開で行われ、2階の会合場所に通じる外階段には市職員が警戒に立つなどものものしい雰囲気。会合に先立ち、「子どもと教科書を考える八重山地区住民の会」の代表らが「住民の代表として来ています。中に入れてください」と公開を求めて市職員に詰め寄る場面もあった。
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://susumerukai.blog87.fc2.com/tb.php/436-a028e98c

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

すすめる会

Author:すすめる会
FC2ブログへようこそ!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。