Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://susumerukai.blog87.fc2.com/tb.php/450-8d92bc61

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

子どもと教科書全国ネット21の声明です

【談話】沖縄・八重山地区採択協議会の育鵬社版公民教科書の選定に抗議し、各教科書が採択しないよう強く求めます
                                 2011年8月4日

                                         子どもと教科書全国ネット21
                                              事務局長 俵 義文
                  〒102-0072 東京都千代田区飯田橋2-6-1-201
                      ℡:03-3265-7606 Fax:03-3239-8590

 八重山地区採択協議会は、8月23日、来年4月から同地区内(石垣市・竹富町・与那国町)の中学校で使用する公民教科書に育鵬社版を選定し、地区内の各教育委員会に答申したと報道されています。
 育鵬社版公民教科書は、歴史教科書と同様に大変問題のある教科書であり、沖縄の子どもたちが使用するのにはまったくふさわしくないものであり、怒りをこめて抗議すると共に、選定を撤回することを強く要求します。さらに、各教育委員会が育鵬社版公民教科書を採択しないように心から要請いたします。

 中学社会科公民的分野は、憲法をはじめ政治・経済・社会のしくみなどを学ぶ科目ですが、なかでも、未来の主権者を育てる憲法学習がきわめて重要な内容になっています。ところが、育鵬社版公民教科書は、以下のように日本国憲法を敵視し、誤った特異な憲法観を子どもたちに植え付け、憲法改悪を刷り込む内容になっています。

 日本は、1945年の敗戦までの大日本帝国憲法体制下では天皇主権でしたが、侵略戦争の反省を基礎として制定された日本国憲法下では、国民主権の国だということは常識です。しかし、育鵬社公民は、憲法学習の章の扉に天皇の写真を載せ、国民主権の単元では4枚の写真の内3枚が天皇の写真です。本文も、国民主権の説明は3分の1で、3分の2は天皇についての記述になっています。「国民主権」の名で大日本帝国憲法と同様の「天皇主権」を教え込もうとしています。

基本的人権の単元では、基本的人権は公共の福祉によっていかようにも制限できるとし、その公共の福祉の内容は国家・国益だとしています。つまり、国益によって基本的人権はいくらでも制限できるという他社にない特異な人権観を押しつける内容です。

平和主義の単元では、憲法9条や前文の平和主義の意義や役割については正しい説明がされていません。その上で、自衛隊の写真を多く掲載し、自衛隊と安保条約を賛美しています。「平和主義」の名で「戦争主義」を教え、自衛隊が米軍と一体となって海外で戦争することをめざす内容になっています。普天間基地問題をはじめ、沖縄の基地問題には一言も触れない教科書は、沖縄の子どもたちが学ぶにはまったくふさわしくないものだといえます。

さらに、育鵬社版公民教科書は、女性差別をほとんど取り上げず、原子力発電についても、その危険性には触れず、国策である原発は国益を考えて住民は原発と共存すべきだと主張し、「今後も期待される」として原発を推進する内容です。

一面的で偏った内容を教えることは、1976年の「旭川学力テスト事件最高裁大法廷判決」が憲法に違反すると指摘していますが、育鵬社公民教科書はこの判決に抵触する内容であり、この教科書を採択すれば、教育委員会は最高裁判決違反を犯すことになります。

加えて、新聞報道によれば、育鵬社公民教科書は現場教員による調査員の複数推薦に含まれてさえいなかったということです。同採択地区協議会は、現場の教員が時間をかけ、子どもたちのことを第一に考えて授業での使い方や子どもたちの理解しやすさなどを踏まえて作成した調査研究を全く踏まえないで、無記名投票で協議会委員の独断的な判断によって、育鵬社を選定したわけです。これは、きわめて不公正であり、手続き的にも重大な問題であるといえます。

育鵬社公民教科書の監修者の島田洋一氏は、育鵬社の親会社の扶桑社が発行していた扶桑社版教科書について、「日本における保守革命の武器」だと主張し、この教科書が政治的な意図でつくられたことを公言しています。このような教科書を八重山地区採択協議会が選定したのは、沖縄・八重山の子どもの教育のためではなく、きわめて政治的な意図によるものといわざるを得ません。

私たちは、八重山地区採択協議会に断固として抗議するとともに、育鵬社版採択の撤回、採択のやり直しを求めます。同時に、石垣市・竹富町・与那国町の教育委員会が、公民教育委員会に育鵬社版を採択しないよう強く要請いたします。
2011年8月24日

           子どもと教科書全国ネット21
              代表委員:石田米子・尾山宏・小森陽一・高嶋伸欣・田港朝昭・
鶴田敦子・西野瑠美子・藤本義一・山田朗・渡辺和恵

スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://susumerukai.blog87.fc2.com/tb.php/450-8d92bc61

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

すすめる会

Author:すすめる会
FC2ブログへようこそ!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。