Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://susumerukai.blog87.fc2.com/tb.php/486-ce296e79

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

八重山教科書採択について(沖縄タイムス8月29日)

http://www.okinawatimes.co.jp/article/2011-08-29_22700/

八重山教科書:竹富教育長 県の指導要望

 【八重山】八重山地区の3市町教育委員会が、異なった中学公民教科書を採択したことを受け、竹富町の慶田盛安三教育長は28日、「採択権は教育委員会にある」とし、3市町の各教育委員長を主体とした再協議の場の設定を促すよう県教育委員会の指導を求めた。同地区教育委員長の複数が再協議に応じる構えで、県も容認する姿勢を示している。慶田盛教育長は29日、教科用図書八重山採択地区協議会会長の玉津博克石垣市教育長に再協議を要望する。

 一方、教育委員長主体の再協議に向けては、同協議会の役員会協議を経る必要がある。ただ、役員会メンバーの玉津教育長と崎原用能与那国町教育長は、協議会規約で定められた再協議自体を拒否する姿勢を変えておらず、県の指導・助言も今後の焦点となりそうだ。

 慶田盛教育長は、教育委員会主体の再協議を提案した理由について、教科書を選定した協議会メンバーと教科書を採択する各市町教育委員会メンバーが重複した矛盾を指摘。

 現状では、3市町の各教育長と教育委員計6人が重複しており、「(選定教科書を)答申する側が(再び)採択に加わるのはおかしい」と疑問視する。

 玉津、崎原両協議会役員が「再協議拒否」の姿勢を変えない限り、再協議が開けないばかりか、「役員会で再協議してもこれまでの議論の繰り返しになる」と懸念。事態打開に向けて協議会メンバーに属さない教育委員長による再協議策を提案した。

 慶田盛教育長の考えに対し、県義務教育課は「協議会は合意形成の一手段。機能しなければ、それに代わる場で地区決定すれば問題はない」との見解を示し、県の指導・助言も「あくまで当事者による採択地区の決定を大事にしたい。支援する努力は惜しまない」とした。

 石垣市教委の仲本英立委員長は本紙取材に対し「まずは協議会で答申や会自体の信頼性をもっと議論すべきだが、そういう場(委員長主体の再協議)があればやらなければいけない」と回答。竹富町教委の竹盛洋一委員長も「教育委員長が打開策を話し合う場を、県が重視するのなら意義がある」と期待した。

教科書問題経過

 同地区では石垣、与那国2市町が26日、同地区協議会答申に沿い、教員ら調査員が推薦しなかった「新しい歴史教科書をつくる会」系の育鵬社版を採択。一方竹富町は27日、調査員推薦の東京書籍版を採択した。

 教科書の無償配布を定めた法律では、同一地区内で同一教科書を採択するよう規定。このため、協議会規約では採択教科書が協議会答申と異なる場合、県教委の指導・助言を受け、3市町教育長による役員会で再協議することができると規定している。
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://susumerukai.blog87.fc2.com/tb.php/486-ce296e79

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

すすめる会

Author:すすめる会
FC2ブログへようこそ!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。