Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://susumerukai.blog87.fc2.com/tb.php/495-88bd2d42

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

http://www.y-mainichi.co.jp/news/19089/

合意形成の場、八教委協会が有力

教科用図書八重山採択地区の3市町教育委員会で決定した採択教科書のうち公民教科書が教科書無償化措置法に反し同一になっていない問題で県教育委員会(大城浩教育長)は30日夕、採択地区協議会(玉津博克会長)と3教育長あてに9月2日までに同一の教科書にするよう文書で通知した。これを受け、玉津会長は31日午後3時から役員会(3市町教育長)を招集することを決めたが、役員会で一本化するのは困難な情勢。この場合、3市町の教育委員全員で構成する八重山教育委員協会(教育委員13人)が有力な「合意形成の場」として浮上することが予想される。

 通知文書で県は無償化法13条を引用しながら「採択地区で再度の合意形成を行い、期限までに同一の教科書を採択」するよう求めている。通知後、玉津会長は役員会を開催する意向を示し、「答申通りの教育委(石垣市と与那国町)はすでにすべて報告を完了している。法に基づいてやってもらえるよう話をまとめたい」と述べ、竹富町教委に答申通りの採択を求める考えを示した。

 意見の一致をみない場合を想定して玉津会長は「最初にルールを決め、民主主義のルールに従って会を運営したい」と述べ、会議の冒頭で多数決か会長一任かの取り決めをして協議に臨む考えも示した。ただ、慶田盛教育長は「教育委での採択決定を変えるつもりはない」との姿勢を堅持していることから、冒頭で紛糾する可能性もある。
 役員会が物別れに終わった場合、再協議の場として注目されている八重山教育委員協会は「教育委員相互の連携を密にし、八重山共通の教育行政の諸問題を検討して、これらの解決実現を図ることを目的とする」組織。関係者は「最終的にはこれ以外に解決の道はない」と話している。
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://susumerukai.blog87.fc2.com/tb.php/495-88bd2d42

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

すすめる会

Author:すすめる会
FC2ブログへようこそ!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。