Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://susumerukai.blog87.fc2.com/tb.php/523-fb084d82

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

八重山教科書採択について(琉球新報9月7日)2

http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-181362-storytopic-7.html

愛国心より平和・人権 教科書問題世論調査

八重山地区教科書問題を受け、琉球新報社が6日までに同地区住民を対象に行った世論調査では、公民などの社会科教科書で大切にしてほしいことについて「平和教育」が約半数を占めた。一方、「新しい歴史教科書をつくる会」が重視する「愛国心」や「領土問題」は1割未満にとどまった。教科書問題への関心は全体的に高いが20代、30代の若い世代の関心は薄かった。八重山地域の課題では4割が「地域活性化」を選択し「領土防衛」は約1割。与那国島への自衛隊配備は反対が6割を占め、賛成の3割に「つくる会」系教科書の採択賛成の傾向がみられた。

【八重山の重要課題】
 「八重山地区の課題で何が重要か」という設問で最も多かったのは「地域経済の活性化・景気対策」の43%。次いで「子育て支援や福祉の充実」の29・7%と、住民の72・7%が景気や福祉といった生活に直結する身近な問題を解決すべき課題と捉えている。「尖閣諸島をはじめとする領土防衛」は11・7%にとどまった。「周辺国との経済交流」は9・7%、「その他」は6%。
 世代別では30代の50%、40代の55・6%、50代の44・9%が「地域経済の活性化・景気対策」と回答。子育て世代とみられる20代の40・9%、30代の30%が「子育て支援や福祉の充実」と答えており、ほかの世代より比率が高くなっている。「尖閣諸島をはじめとする領土防衛」と答えた人が最も多かったのが20代の22・7%だった。70代も19%に達した。
 地域別では「地域経済の活性化・景気対策」と答えた人は石垣市が41・3%だったのに対し、竹富町は53・8%、与那国町は53・3%と10ポイント以上上回った。一方、「子育て支援や福祉の充実」と答えた人は石垣市は30・5%だったが、竹富町は23・1%、与那国町は26・7%にとどまっている。
 「尖閣諸島をはじめとする領土防衛」と選んだ人は石垣市11・2%、竹富町15・4%、与那国町13・3%で地域に大きな差はなかった。
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://susumerukai.blog87.fc2.com/tb.php/523-fb084d82

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

すすめる会

Author:すすめる会
FC2ブログへようこそ!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。