Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://susumerukai.blog87.fc2.com/tb.php/581-ee5f6663

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

八重山採択に関する新聞報道(9月17日八重山毎日新聞)

http://www.y-mainichi.co.jp/news/19234/


教科書問題 具体策見えず、落胆と戸惑いが交錯

八重山地区の中学校公民教科書問題で文科省が県に出した通知と、大城浩県教育長が当面の対応方針を示した会見の内容は、いずれも具体性に乏しく、解決策を見いだすにはほど遠い内容だった。地元からは「どうしてよいか分からない」「ぶり返しになるのか」と落胆と戸惑いの声が漏れた。

■文科省通知で混乱
 「八重山採択地区協議会の規約に従ってまとめられた結果に基づいて、採択地区内で同一の教科書を関係市町村教育委員会で採択を行うよう指導を」。
 15日、県教育委員会に届いた文科省通知。崎原用能与那国町教育長らは「われわれの意思が通った」と喜んだが、「もっと具体的に」と注文をつけていた。
 通知には「答申に基づいて」との文言はなく、内容があいまい。「答申」と書けば、答申に拘束性を認め、地方教育行政法に基づく市町村の採択権を侵害するおそれがあったからだとみられる。16日に報告期限を控え、自民党などの圧力に備えた議員対策との見方も浮上した。

 県教委は16日の会見に至っても「文科省に確認しているところ」と解釈に頭を悩ませ、地元も「どの結果を意味するのか」(慶田盛安三竹教育長)と首をかしげるなど、通知に振り回された2日間だった。

■期待感
 県教委の会見に慶田盛教育長は「一連の流れを把握しているので、ある程度期待はしていたが…」と声を落とした。
 文科相が13日、「協議は整っていない」と発言したことで事実上、協議結果は有効性を失った。
 しかし、文科省の通知、県教委の会見はいずれも、協議を整えるための解決策を示せなかった。竹盛洋一竹富町教育委員長は「再び招集しても無理、ぶり返しになる」と途方に暮れる。
 一方、崎原教育長は「通知通り、竹富町に答申通りの採択を指導しないとおかしい」と声を荒らげる。

■手詰まり
 竹富町教委が答申とは違う採択をしたのは、協議会の選定に対する疑念が背景にある。役員会でも決裂し、竹教委は再度協議会の開催を要請したが、玉津博克会長(石垣市教育長)は8月31日付で業務が終了したとして拒否した。これを受けて開催した8日の全教育委員協議でも決定方法に議論は終始した。

 竹盛委員長は「調査員の推薦に挙がっていない育鵬社はなぜ選定されたのか、まったく分からない。協議会の議事録を公開し、県はそれを検証してもらいたい」と訴える。
 崎原教育長は「文科省は県にさじを投げた。県は各委員会にさじを投げた。あとは3委員長が考えることじゃないか」と突き放す一方、「一本化は育鵬社しかない」と譲らない。玉津博克石垣市教育長も「通知は答申のことを言っている」と同様だ。

 5人の委員全員の一致で東京書籍を採択した竹富町も意思は曲げないつもり。慶田盛教育長は「一本化は厳しい。こういったことは今後も起こりえる。県には採択地区(八重山3市町)の見直しも考えてもらいたい」と提起する。

スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://susumerukai.blog87.fc2.com/tb.php/581-ee5f6663

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

すすめる会

Author:すすめる会
FC2ブログへようこそ!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。