Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://susumerukai.blog87.fc2.com/tb.php/589-f91a81c4

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

八重山教科書採択について(八重山毎日新聞9月21日)

http://www.y-mainichi.co.jp/news/19208/

竹富町教委に瑕疵はない 文科省は一本化の道筋示せ

混迷きわめる教科書問題
 教科書選定問題は解決の糸口が見いだせず、混迷を極めている。育鵬社公民教科書を不採択とし、東京書籍を採択した今月8日の3市町教育委員会全委員協議を中川文科相が「協議は整っていない」とし、地区採択協議会のルールに沿った教科書一本化を求めたからだ。
 文科省指導は、協議会答申と異なる教科書を採択した竹富町教委に再考を促すような印象を与えたが、これは後日、文科相自ら否定している。
 教育行政法で教科書の採択権は教育委員会にある。竹富町教委の決定は誰も覆すことはできない。その変更を強要するなら、越権行為で脱法行為にあたる。竹教委に何の瑕疵(かし)もなく、臆(おく)することは全くない。

 全教育委員による協議は、県教委が文科省担当課と連絡を取りながら進めていたものだ。これを突然「はしごを外された」と困惑する県教委の声が状況を如実に物語っていよう。
 全教育委員で結論が出たあと、政党が素早く動いたのも異様だ。自民党本部は玉津会長を呼び、担当者を同席させて事情を聴取した。政治的介入が透けて見える。

■あいまいな「指導」
 教科書無償措置法は、複数の市町村で構成される採択地区で科目ごとに同一の教科書を採用すると定めている。一方で地方教育行政法は市町村教委が教科書の採択権限を持つと規定する。
 この2つの法律で、異なった採択が行われることは十分に予想されたものだ。文科相もこの法律の矛盾を認め、混乱の要因としている。しかしそれは検討事項と言うだけで、対応する姿勢は見せない。あくまでも国は「想定外」の結果として地元解決を求めるだけで、あいまいな指導に終始している。実に無責任である。

 この問題は地元で解決できないために県教委が助言し、8日に3市町教育委員会が開かれた。その結果について県教委は「協議の場として成立しており、採決の状況も有効と考えている」と国と異なった見解を持つ。
 その状況下で振り出しに戻して県、市町村に一本化のボールを投げても混乱するばかりで、現状だと解決策は決して見いだせない。法に抵触した状況が延々と続くだけだ。
 全委員会協議の無効の理由のひとつに国は玉津教育長の無効申し立てを挙げているが、その公印をめぐって3教委委員長が異議を申し立てている。
 一本化を求めるなら、国は具体的に地元の指摘に答え、解決のための道筋を示さなければならないし、その義務と責任がある。

■採択協のルールは是か
 こじれた教科書採択問題の最大の問題は、八重山地区協議会の進め方が妥当だったか、否かである。調査員の選定、長時間かけた調査員の報告書が公民教科書で取り上げられず、むしろマイナス点の多かった育鵬社教科書をあえて選定した強引な手法が批判されているのである。
 思想信条は自由だが、押しつけであってはならない。選定理由について十分に説明責任を果たさず、「委員の権限と責任で選んだ」と繰り返すだけでは、誰も納得できるものではない。公言していた議事録の公開すらいまだ行われず、不信感をさらに高めている。
 「なぜこの時期に教科書問題なのか」。多くの郡民が思う。県内で今年、教科書選定をめぐって混乱しているのは八重山だけ。
 主役であるはずの子どもたちに対する視点に欠け、政治色の強い教育行政に対する不信感で郡内は閉塞(へいそく)感に包まれている。
 これだけ混乱した状況に陥らせることが教育改革なのか、理解できない。教育に求められるのは中立性で、保革政権交代があっても歴代首長が踏み入れなかった領域である。
 これでは決して良い教育効果はでない。
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://susumerukai.blog87.fc2.com/tb.php/589-f91a81c4

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

すすめる会

Author:すすめる会
FC2ブログへようこそ!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。