Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://susumerukai.blog87.fc2.com/tb.php/602-60231252

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

八重山教科書採択について(沖縄タイムス9月28日)

http://www.okinawatimes.co.jp/article/2011-09-28_24034/

八重山教科書:政府見解 矛盾に反発と困惑

八重山教科書問題を問うた質問主意書に答える形で政府が27日に閣議決定した答弁書。「国の指導、助言は市町村教育委員会を拘束しない」とする一方で、8日の全教育委員による協議について「無効」だと踏み込むなど、相矛盾する政府の初見解に、県教育庁や地元市町の教育関係者、識者らが困惑している。

 県教育庁義務教育課は、国の指導に法的拘束力がないと表明したことを評価しながらも、「8日の協議が有効か無効かも含め、最終的に当事者である地区が判断すること」と、地元教育委員会の決定権を重視した従来認識を強調した。

 竹富町の竹盛洋一教育委員長は「国はこれまでのいきさつが分かっていない印象を受ける」と分析。全教育委員協議については「教育委員13人が3教委ごとに協議方法を決め、協議の場に戻ってきた時点で有効だ。あの場では多数決するしかなかったし、判断は正しかった」と反発した。

 玉津博克石垣市教育長はあくまでも育鵬社版の採択を主張し、3市町教委の再協議について「私は『やるべきことはすべてやった』という気持ち。歩み寄るのは竹富の側だ」と述べた。

 教科書問題に詳しい高嶋伸欣琉球大名誉教授は、全教育委員協議の無効見解について「詳細な裏付けもないまま根拠付けた」と読み取り、あらためて文科相らの判断を「あまりにもお粗末だった」と批判する。

 一方、3市町の採択一本化に向けた見通しについて高嶋名誉教授は「文科省は教科書無償措置法と地方教育行政法という両法(の矛盾)を放置してきた責任を問われる。それを避けるため、時間をかけても一本化を目指すだろう」と指摘。

 その上で「今後、県と一緒になって、地元が解決に向けた話し合いができるような環境づくりに取り組むべきだ」と提言した。
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://susumerukai.blog87.fc2.com/tb.php/602-60231252

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

すすめる会

Author:すすめる会
FC2ブログへようこそ!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。