Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://susumerukai.blog87.fc2.com/tb.php/726-a5392e0d

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

2月9日八重山毎日新聞記事

http://www.y-mainichi.co.jp/news/19350/

教科書訴訟始まる 「9・8協議」争点に審理へ

八重山地区の中学校公民教科書問題で、石垣市内の小中学生の保護者らが石垣市と沖縄県を相手に、昨年9月8日の協議で採択された東京書籍版を無償で配布されることの確認を求めた行政訴訟は8日、那覇地裁(酒井良介裁判長)で第1回口頭弁論が行われた。市は保護者らが無償給付を受ける地位にないとして却下を求める一方、9・8協議については「無効」との見解を示した。県は、教科書の採択権限がないことを理由に却下を請求した。

 同訴訟は、3市町教委の採択結果が異なったことを受けて開催された3市町の全教育委員による9・8協議が有効かどうかが争点。採択地区内の各教委は協議して種目ごとに同一の教科書を採択しなければならないと定める無償措置法13条4項の「協議」に当たるかどうか問われることになる。

 原告側は「公民教科書を同一にするための協議とすることで出席していた教育委員において合意がなされた」と主張。さらに多数決による採択についても「採決に加わった委員は、市教育委員5人中5人、竹富町教育委員5人中5人、与那国町教育委員3人中2人で、いずれの教育委員会でも過半数が採決に参加している」と指摘した。
 市側は「多数決で決議したものを採択された教科用図書とするとの事前の合意は、地区内3教育委員会の間で形成されていなかった」「一方的に多数決をとれ採択になるとの思い込みに基づいた多数決が行われた」と反論、詳細は追って主張するとしており、次回から実質的な審理が行われる見通しだ。

 市側は原告について「特定年度の特定教科用図書の無償給与を受ける具体的な法的地位を有しておらず、確認の利益はない」と退け、県教委は原告同様の立場をとっているが、訴訟に関しては「県は採択権限を有しておらず、正当な被告たるべき立場にない」としている。
 次回は3月21日午後1時45分から。
 原告側代理人の井口博弁護士によると、原告は保護者2人と小中学生2人に、石垣市と与那国町から親子2組4人が次回から加わる。
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://susumerukai.blog87.fc2.com/tb.php/726-a5392e0d

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

すすめる会

Author:すすめる会
FC2ブログへようこそ!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。