Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://susumerukai.blog87.fc2.com/tb.php/751-8e88f1a3

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

3月26日琉球新報記事

http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-189113-storytopic-1.html

県強行設置に怒り 平和ガイドら「撤去を」 32軍壕説明板

県が「慰安婦」「住民虐殺」などの記述を削除したまま、那覇市の首里城公園内に旧日本軍第32軍司令部壕の説明板を設置したことを受け25日、当時虐殺を目撃した証言者や県内のボランティアガイド団体の代表者らから「開いた口がふさがらない」「撤去が必要だ」など怒りや批判の声が上がった。
 鉄血勤皇師範隊として沖縄戦に動員され、当時司令部壕にいた元学徒兵の渡久山朝章さん(84)は、17日行われた県内の平和ガイドなど10団体主催の緊急学習会で「県は沖縄戦で亡くなった人々に臆せず建てることができるか」と声を震わせて訴えた。だが、県が文言を修正せず設置に踏み切ったことに「自分の記憶は間違いなくある。過去に空白ができた気持ちだ」とため息。「戦の様相を骨抜きにしての設置は許せない。説明板を建て直させるまで気持ちは収まらない」と声を荒げた。
 同学習会の主催団体の一つで22日、下地寛県環境生活部長に記述回復を申し入れた沖縄平和ネットワークの横田眞利子代表世話人・事務局長は「検討委員会と28日に意見交換を予定していると話していた。本当に信じられない」と絶句。「申し入れの翌日に設置されたのはばかにされた感じだ。抗議する」と語気を強めた。
 同じく主催団体の一つ、「語りつぐ沖縄平和の会」の会長で、設置板近くの那覇市立城西小学校教諭の下地史彦さんは「設置板をすぐに確認しにいったが、設置者の名前も分からずずさんな内容で慌てて作ったのがうかがえた。撤去させなければいけない」と話した。
 県観光ボランティアガイド友の会の中村功会長は「本来なら県が招集した委員会の意見に沿ってやるのが当然だ。検討委員の意見をもっと尊重してほしい」と求めた。
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://susumerukai.blog87.fc2.com/tb.php/751-8e88f1a3

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

すすめる会

Author:すすめる会
FC2ブログへようこそ!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。