Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://susumerukai.blog87.fc2.com/tb.php/778-722ab2d0

-件のトラックバック

-件のコメント

[C143] 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

[C145] 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

[C146] 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

[C147] 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

[C148] 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

[C149] 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

[C150] 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

[C151] 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

[C152] 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

[C153] 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

[C155] 「「木に学べ」法隆寺・薬師寺の美 西岡常一」

近江聖人のお話が出ましたのでhttp://iiyama16.blog.fc2.com/?no=4029
私も鵤の聖人聖徳太子の心を1500年後のいま現代に伝えてくださった匠のお話をご紹介したく思いました。
タイトルの本は1987年「BE-PAL」誌上に連載されたエッセイ形式を1988年3月小学館ライブラリーとして刊行されたものです。
最後の棟梁鵤之郷大工西岡常一氏の「あとがき」を全文転載します。(誤字校正済)

 田舎大工の口から出放題の戯言を、「BE-PAL」誌上に区切りよく連載して下さった白井康介さん、今また、その連載を一冊の本にお纏め下さった石塚郁雄さん、其の他のスタッフの皆々様に深く御礼申し上げます。
 学者への不用意な放言も、歯に衣を着せて上手にお纏め下さったことに感心いたします。私は、学問を軽んずるような心は毛頭もっておりませんが、よく考えてみて下さい。科学知識は日進月歩で、今日の正論は明日の正論では有り得ないのではないでしょうか。今日をもって千年後の建築の命を証明出来ないのではないかと思います。千年どころか、明日をも律し得ないのが科学知識の天気予報やありませんか。
 それはなんでかと言うたら、科学はまだまだ未完成やからだっしゃろ。未完成の今日を科学で総てを律しようと考えがちなのが、学者さん方やおまへんやろか。科学知識のない我々工人の言い分にも耳を傾けるような学者さんこそ、ほんとうの学者やと思いまんな。
 私どもの、仕事に対する考え方や思い入れは、神代以来の体験の上に体験を重ねた伝統というものをしっかり踏まえて、仕事に打ち込んでますのやがな。例えば、法隆寺伝統の大工には口伝というものがありますのやが、その中の一つに「堂組の木組は寸法で組まずに、木の癖を組め」と言うのがありますけど、どんな建築の本を読んでも、こんな言葉にはお目にかかりまへんな。寸法や形式・様式には詳しいことですが、建物を造営する木の癖に触れた本には、いまだお目にかかっていまへん。それは私の本を読む範囲がせまいのかも知れまへん。浅学のせいでっしゃろな。もっともっと勉強せなあかんとゆうことかいな。
 何れにしても、堂塔伽藍を造営するのには、様式や形式に先だって、造営の意義と言うものがありまんがな。例えば、法隆寺の場合には、英邁限りない聖徳太子が仏法の慈悲をもって国を治めようとなさったんやと思いますが、多くの仏法者を養成するための道場としての伽藍ですがな。薬師寺もまた、天武・持統の両帝が、仏法興隆治国平天下の大願をもってなされた大伽藍でっせ。仏法の慈悲ゆうたら、母が子を思う心だっせ。火事や地震やと火急の場合、自分の一身にかえても子を救おうとする、それが慈悲でんがな。
 世のお母さん方、自分の心の内をようよう振り返ってみて下され。ようわかるはずだすが。わからなんだら、法隆寺や薬師寺のような心構えで造営された、魂のこもる寺に、観光でなく心から参拝して祈ってみて下され。仏法こそが、世界を最後に救う法やと感得しますし、慈悲心で国を治めようとなさった太子や天武・持統の魂が、皆様方の心にも宿りまっせ。
 大工の喋ることやないことを喋りましたな。笑ってお許し下さい。
一九八七年十二月

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
この本の他にも、NHKブックス318「法隆寺を支えた木」(西岡常一、小原二郎)と言う本で、西岡常一師の口伝を読むことが出来ます。
  • 2013-03-24
  • 通りがけ
  • URL
  • 編集

[C158] 「署名もできぬドバカ偽日本人学歴詐称欠格総理」

>>http://iiyama16.blog.fc2.com/blog-entry-4581.html

こいつの署名「安」の字も「晋」の字も間違えとる。日本語にこんな運筆はありえない。

ただのバカじゃない、底抜けのドバカとしかいいようがない。内政も外交もまったく出来んな。そもそも公文書に署名が正しく出来ん、じゃ話にならん。

憲法70条は底抜けのドバカが一瞬たりとも日本国総理大臣を務めることを刑罰を以って厳禁しておる。
ただちに自分の名前も正しく書けない学歴詐称底抜けドバカを総理大臣解職罷免し即日内閣総辞職するよう憲法70条は刑罰を以って厳しく国会へ命じている。

憲法によって選出された国会議員が憲法の命令に逆らえばただちに当該国会議員の国家統治体制への反逆行為であり、ゆえにその議員個人に内乱罪が適用される。
刑法規定により最高刑は死刑、憲法規定により刑期中すべての公民権が剥奪され受刑以前に所有した全財産没収され粛々と国庫へ収められる。

故西岡参院議長が喝破した「全員共謀共同正犯」内乱罪および棄民テロ犯罪者国会議員よ、わかったかw

明日5月3日は憲法記念日である。
日本国憲法全文は義務教育中等教育課程の教科書にすべて載っている。

中卒以上の学歴を持つ日本人は明日5月3日自分の中学教科書を出して日本国憲法全文を熟読するとよいね。

但し国会議員は全員熟読全文暗記せよ。それが立法府特別公務員公僕国会議員たる者が日本国に対して負う最も重要な神聖にして冒すべからざる職責である。
  • 2013-05-02
  • 通りがけ
  • URL
  • 編集

[C161] やまとはくにのまほろばやまとしうるはし

「憲法違反内乱罪不正選挙の実行犯は小泉以来全身全霊地位協定スパイ組織になった霞ヶ関泥棒官僚組織(もちろん法務省麾下の奇形司法含む)そのものである」

安倍は黒田と共謀して200兆円建設国債を統一教会本国に海外持ち逃げできることが決まったから後は自民党が勝とうが負けようが安倍蚤滓で日本経済がつぶれようが沖縄を除く全国の原発放射能垂れ流しで本土が核汚染され尽くそうが憲法破壊で日本人の若者が米軍の侵略戦争に狩り出されて戦場で何百万人野垂れ死にしようがすべてどうでもよいんだよ。

もともとユダ金の狙いはペリー以来沖縄のハワイ並み米国併合にあるんだからね。だから似而非日本人安倍に建設国債200兆円のえさを与えて日本を滅ぼさして日本からの借金米国債200兆円を踏み倒し(小泉竹中が始めた外乱誘致罪)、原発のない安全な沖縄を併合して中国ののど元を制するペリー以来の作戦を実施中なのさ。かつてキューバにのど元を抑えられて恐怖のどん底に陥った経験もあるから、ユダ金にとって沖縄の中国侵略の橋頭堡としての軍事的価値は無限大なのである。ペリー以来日本本土列島はもともとどうでもよかった。だからこそ先の大戦で本土市街地に原爆を2発も投下するような非人道戦争犯罪非戦闘員無差別虐殺という悪魔ならではの殺戮の限りが尽くされたのである。

戦前まで日本を含むアジア黄色人種諸国は米英特にアメリカの先住民虐殺国土略奪の鬼畜以下の非道さを正しく熟知して黄色人種の共通認識としていた。明治天皇の詔に発する大東亜共栄圏構想はそれゆえにインド以東の非白人被占領植民地諸国民におおいなる賛同をもって迎えられたのである。

さらに時代を遡れば、幕末時代の吉田松陰高杉晋作勝海舟坂本龍馬西郷隆盛はすでにインドを征服していた夷狄白人が北上して大清国を蹂躙したことの意味を正しく悟っており、この白人夷狄外道侵略を日本上陸前に打ち破る態勢を調えるために維新回天の大業に身命をなげうって尽くしたのである。これにより日本は沖縄もアメリカの手に渡すことなく乗り切ってペリーの野望はすべて打ち砕かれた。

第二次大戦でアメリカが対日戦争に参戦したのはペリーの失敗の雪辱を果たす好機であったからである。アメリカには建国以来正義などかけらもない。つねに詐術を用いて言いがかりをつけて先住民の国へ宣戦布告し、押し込み強盗虐殺略奪し侵略征服するのみ。戦争の狂犬のバカの一つ覚え国家である。ハワイの如く自国編入が目的の沖縄へは原爆投下せず本土へのみ原爆攻撃を行ったのもこれを証明している。

居直り強盗戦争犯罪国家米軍がやまともののふ日本にあらぬ非道の罪を被せて裁いた極東軍事裁判の厚顔無恥きわまる茶番をインドのパール判事が指摘していたこともこれを証明している。

「特攻隊悠久の世界平和に捧げたやまともののふの士魂」

フィリピン航空隊司令大西中将はそのことを熟知していたため、時の天皇ヒロヒトが明君明治天皇の如き即時戦争中止対米条件講和の英断を下すこと(これこそが皇国における真の回天であった)に期待して、我が子同然に慈しみ育てた若きもののふを、悠久の世界平和に尽くすまほろばやまとの清らかなくにと人々を鬼畜国アメリカ上陸による虐殺破壊略奪蹂躙で亡国に至らしめぬ為の最後のくさびとして、大和魂を地球上にとどめおくためなら身命をも名をも金をも惜しまぬ孝徳仁愛限りないもののふつわものを集めて神風特別攻撃隊を編成し、ともにレイテの海で回天の大業にその身を散らしたのである。親思う心にまさる親心今日のおとずれなんと聞くらむ。

身はたとひレイテの海に散らすとも留めおかまし大和魂。

吉田茂源田実ヒロヒトは恥を知るがよい。もののふの大和魂に心底から敬意を抱く日本人常民の私はこのすでに鬼籍に入った大和魂無き似而非日本人たちを決して憎まない。大和魂は決して人を憎まない。罪を憎むだけである。よってこの者どもを靖国に集まる大和魂の英霊から遠ざけてただ軽蔑するだけである。
なんとなれば、真に大和魂を招魂して祀り礼拝供養できる者は大和魂を持つ者だけだからである。

地球最高の品格ある伝統の大和魂士魂日本人常民ならば、戦後似而非日本人元官僚吉田茂が単独署名した下賎下劣な悪魔との奴隷契約地位協定を即時破棄してこそ大和魂の武士の誉れであり、ご先祖様の名を至高の高みに言揚げする何にもまさるご恩返しの先祖供養となるのである。
  • 2013-06-08
  • 通りがけ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

9月3日新聞報道

http://article.okinawatimes.co.jp/article/2012-09-01_38448

八重山教科書冊数 県教委、国報告を見送りへ


八重山地区の中学公民教科書問題で、市町村が来年度使用する教科書冊数の国への報告について、県教育委員会は石垣市、与那国町、竹富町の3市町が一本化できないとして、報告を見送る方針であることが31日、分かった。県教育庁義務教育課は「無償化できない状態が続いていることは残念。一本化できなくても、全ての生徒に無償提供するよう、引き続き文科省に求めていきたい」としている。

 教科書無償措置法では、8月31日までに同一地区内・同一教科書の採択を求めているが、昨年の採択地区協議会で一本化できず、現在、石垣市と与那国町は無償配布された育鵬社版、竹富町は町民の寄贈による東京書籍版を使用。法令違反の状態が続いている。

 「教科書の発行に関する臨時措置法」では、県教委の国への報告期限を9月16日と定めている。
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://susumerukai.blog87.fc2.com/tb.php/778-722ab2d0

0件のトラックバック

13件のコメント

[C143] 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

[C145] 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

[C146] 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

[C147] 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

[C148] 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

[C149] 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

[C150] 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

[C151] 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

[C152] 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

[C153] 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

[C155] 「「木に学べ」法隆寺・薬師寺の美 西岡常一」

近江聖人のお話が出ましたのでhttp://iiyama16.blog.fc2.com/?no=4029
私も鵤の聖人聖徳太子の心を1500年後のいま現代に伝えてくださった匠のお話をご紹介したく思いました。
タイトルの本は1987年「BE-PAL」誌上に連載されたエッセイ形式を1988年3月小学館ライブラリーとして刊行されたものです。
最後の棟梁鵤之郷大工西岡常一氏の「あとがき」を全文転載します。(誤字校正済)

 田舎大工の口から出放題の戯言を、「BE-PAL」誌上に区切りよく連載して下さった白井康介さん、今また、その連載を一冊の本にお纏め下さった石塚郁雄さん、其の他のスタッフの皆々様に深く御礼申し上げます。
 学者への不用意な放言も、歯に衣を着せて上手にお纏め下さったことに感心いたします。私は、学問を軽んずるような心は毛頭もっておりませんが、よく考えてみて下さい。科学知識は日進月歩で、今日の正論は明日の正論では有り得ないのではないでしょうか。今日をもって千年後の建築の命を証明出来ないのではないかと思います。千年どころか、明日をも律し得ないのが科学知識の天気予報やありませんか。
 それはなんでかと言うたら、科学はまだまだ未完成やからだっしゃろ。未完成の今日を科学で総てを律しようと考えがちなのが、学者さん方やおまへんやろか。科学知識のない我々工人の言い分にも耳を傾けるような学者さんこそ、ほんとうの学者やと思いまんな。
 私どもの、仕事に対する考え方や思い入れは、神代以来の体験の上に体験を重ねた伝統というものをしっかり踏まえて、仕事に打ち込んでますのやがな。例えば、法隆寺伝統の大工には口伝というものがありますのやが、その中の一つに「堂組の木組は寸法で組まずに、木の癖を組め」と言うのがありますけど、どんな建築の本を読んでも、こんな言葉にはお目にかかりまへんな。寸法や形式・様式には詳しいことですが、建物を造営する木の癖に触れた本には、いまだお目にかかっていまへん。それは私の本を読む範囲がせまいのかも知れまへん。浅学のせいでっしゃろな。もっともっと勉強せなあかんとゆうことかいな。
 何れにしても、堂塔伽藍を造営するのには、様式や形式に先だって、造営の意義と言うものがありまんがな。例えば、法隆寺の場合には、英邁限りない聖徳太子が仏法の慈悲をもって国を治めようとなさったんやと思いますが、多くの仏法者を養成するための道場としての伽藍ですがな。薬師寺もまた、天武・持統の両帝が、仏法興隆治国平天下の大願をもってなされた大伽藍でっせ。仏法の慈悲ゆうたら、母が子を思う心だっせ。火事や地震やと火急の場合、自分の一身にかえても子を救おうとする、それが慈悲でんがな。
 世のお母さん方、自分の心の内をようよう振り返ってみて下され。ようわかるはずだすが。わからなんだら、法隆寺や薬師寺のような心構えで造営された、魂のこもる寺に、観光でなく心から参拝して祈ってみて下され。仏法こそが、世界を最後に救う法やと感得しますし、慈悲心で国を治めようとなさった太子や天武・持統の魂が、皆様方の心にも宿りまっせ。
 大工の喋ることやないことを喋りましたな。笑ってお許し下さい。
一九八七年十二月

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
この本の他にも、NHKブックス318「法隆寺を支えた木」(西岡常一、小原二郎)と言う本で、西岡常一師の口伝を読むことが出来ます。
  • 2013-03-24
  • 通りがけ
  • URL
  • 編集

[C158] 「署名もできぬドバカ偽日本人学歴詐称欠格総理」

>>http://iiyama16.blog.fc2.com/blog-entry-4581.html

こいつの署名「安」の字も「晋」の字も間違えとる。日本語にこんな運筆はありえない。

ただのバカじゃない、底抜けのドバカとしかいいようがない。内政も外交もまったく出来んな。そもそも公文書に署名が正しく出来ん、じゃ話にならん。

憲法70条は底抜けのドバカが一瞬たりとも日本国総理大臣を務めることを刑罰を以って厳禁しておる。
ただちに自分の名前も正しく書けない学歴詐称底抜けドバカを総理大臣解職罷免し即日内閣総辞職するよう憲法70条は刑罰を以って厳しく国会へ命じている。

憲法によって選出された国会議員が憲法の命令に逆らえばただちに当該国会議員の国家統治体制への反逆行為であり、ゆえにその議員個人に内乱罪が適用される。
刑法規定により最高刑は死刑、憲法規定により刑期中すべての公民権が剥奪され受刑以前に所有した全財産没収され粛々と国庫へ収められる。

故西岡参院議長が喝破した「全員共謀共同正犯」内乱罪および棄民テロ犯罪者国会議員よ、わかったかw

明日5月3日は憲法記念日である。
日本国憲法全文は義務教育中等教育課程の教科書にすべて載っている。

中卒以上の学歴を持つ日本人は明日5月3日自分の中学教科書を出して日本国憲法全文を熟読するとよいね。

但し国会議員は全員熟読全文暗記せよ。それが立法府特別公務員公僕国会議員たる者が日本国に対して負う最も重要な神聖にして冒すべからざる職責である。
  • 2013-05-02
  • 通りがけ
  • URL
  • 編集

[C161] やまとはくにのまほろばやまとしうるはし

「憲法違反内乱罪不正選挙の実行犯は小泉以来全身全霊地位協定スパイ組織になった霞ヶ関泥棒官僚組織(もちろん法務省麾下の奇形司法含む)そのものである」

安倍は黒田と共謀して200兆円建設国債を統一教会本国に海外持ち逃げできることが決まったから後は自民党が勝とうが負けようが安倍蚤滓で日本経済がつぶれようが沖縄を除く全国の原発放射能垂れ流しで本土が核汚染され尽くそうが憲法破壊で日本人の若者が米軍の侵略戦争に狩り出されて戦場で何百万人野垂れ死にしようがすべてどうでもよいんだよ。

もともとユダ金の狙いはペリー以来沖縄のハワイ並み米国併合にあるんだからね。だから似而非日本人安倍に建設国債200兆円のえさを与えて日本を滅ぼさして日本からの借金米国債200兆円を踏み倒し(小泉竹中が始めた外乱誘致罪)、原発のない安全な沖縄を併合して中国ののど元を制するペリー以来の作戦を実施中なのさ。かつてキューバにのど元を抑えられて恐怖のどん底に陥った経験もあるから、ユダ金にとって沖縄の中国侵略の橋頭堡としての軍事的価値は無限大なのである。ペリー以来日本本土列島はもともとどうでもよかった。だからこそ先の大戦で本土市街地に原爆を2発も投下するような非人道戦争犯罪非戦闘員無差別虐殺という悪魔ならではの殺戮の限りが尽くされたのである。

戦前まで日本を含むアジア黄色人種諸国は米英特にアメリカの先住民虐殺国土略奪の鬼畜以下の非道さを正しく熟知して黄色人種の共通認識としていた。明治天皇の詔に発する大東亜共栄圏構想はそれゆえにインド以東の非白人被占領植民地諸国民におおいなる賛同をもって迎えられたのである。

さらに時代を遡れば、幕末時代の吉田松陰高杉晋作勝海舟坂本龍馬西郷隆盛はすでにインドを征服していた夷狄白人が北上して大清国を蹂躙したことの意味を正しく悟っており、この白人夷狄外道侵略を日本上陸前に打ち破る態勢を調えるために維新回天の大業に身命をなげうって尽くしたのである。これにより日本は沖縄もアメリカの手に渡すことなく乗り切ってペリーの野望はすべて打ち砕かれた。

第二次大戦でアメリカが対日戦争に参戦したのはペリーの失敗の雪辱を果たす好機であったからである。アメリカには建国以来正義などかけらもない。つねに詐術を用いて言いがかりをつけて先住民の国へ宣戦布告し、押し込み強盗虐殺略奪し侵略征服するのみ。戦争の狂犬のバカの一つ覚え国家である。ハワイの如く自国編入が目的の沖縄へは原爆投下せず本土へのみ原爆攻撃を行ったのもこれを証明している。

居直り強盗戦争犯罪国家米軍がやまともののふ日本にあらぬ非道の罪を被せて裁いた極東軍事裁判の厚顔無恥きわまる茶番をインドのパール判事が指摘していたこともこれを証明している。

「特攻隊悠久の世界平和に捧げたやまともののふの士魂」

フィリピン航空隊司令大西中将はそのことを熟知していたため、時の天皇ヒロヒトが明君明治天皇の如き即時戦争中止対米条件講和の英断を下すこと(これこそが皇国における真の回天であった)に期待して、我が子同然に慈しみ育てた若きもののふを、悠久の世界平和に尽くすまほろばやまとの清らかなくにと人々を鬼畜国アメリカ上陸による虐殺破壊略奪蹂躙で亡国に至らしめぬ為の最後のくさびとして、大和魂を地球上にとどめおくためなら身命をも名をも金をも惜しまぬ孝徳仁愛限りないもののふつわものを集めて神風特別攻撃隊を編成し、ともにレイテの海で回天の大業にその身を散らしたのである。親思う心にまさる親心今日のおとずれなんと聞くらむ。

身はたとひレイテの海に散らすとも留めおかまし大和魂。

吉田茂源田実ヒロヒトは恥を知るがよい。もののふの大和魂に心底から敬意を抱く日本人常民の私はこのすでに鬼籍に入った大和魂無き似而非日本人たちを決して憎まない。大和魂は決して人を憎まない。罪を憎むだけである。よってこの者どもを靖国に集まる大和魂の英霊から遠ざけてただ軽蔑するだけである。
なんとなれば、真に大和魂を招魂して祀り礼拝供養できる者は大和魂を持つ者だけだからである。

地球最高の品格ある伝統の大和魂士魂日本人常民ならば、戦後似而非日本人元官僚吉田茂が単独署名した下賎下劣な悪魔との奴隷契約地位協定を即時破棄してこそ大和魂の武士の誉れであり、ご先祖様の名を至高の高みに言揚げする何にもまさるご恩返しの先祖供養となるのである。
  • 2013-06-08
  • 通りがけ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

すすめる会

Author:すすめる会
FC2ブログへようこそ!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。