Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://susumerukai.blog87.fc2.com/tb.php/791-ca4cba59

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

平和ネットワーク声明です

2013年4月3日
沖縄県教育委員会 
 教育長 諸見里 明 様
         沖縄平和ネットワーク                                    
代表世話人  
  大城 将保 高嶋 伸欣
川満 昭広 柴田  健   
  平井美津子 大城美代子 横田眞利子       
 

八重山地区の教科書問題に対し、国の不当な介入に屈することなく、公正で適正な指導・助言を求める要請書

 貴委員会におかれましては、日頃から円滑な教育行政をすすめるにご努力されていますことに敬意を表します。
さて、平成24年度から使用されている中学校公民教科書が、八重山採択地区内では一本化できていない状態がつづいており、本年3月1日には、義家弘介文部科学政務官が来沖して竹富町と貴委員会を訪ね、同一の教科書を採択し直すよう求めました。しかし、この義家弘介文部科学政務官の指導は、竹富町が現在使用している「東京書籍」版を「育鵬社」に変更することを求める偏った指導でした。マスコミ報道によれば、義家弘介文部科学政務官は、「協議会の答申に拘束力がある。結論に基づかず採択した竹富町は違法。ルールを守っていたら当然無償だ」「今月末までに回答を求める」との方針を示したとのことです
 振り返りますと、2011(平成23)年7月に、八重山教科書採択地区内における教科書を採択する過程で、役員会を経ずに規約改正や教科書選定のための調査員が委嘱される等の不適正な運営が明らかになったことがきっかけとなり、協議会に対し、八重山郡民・県民が情報公開を求め、公正かつ適正な教科書採択手続きを進めるよう要請活動が展開される中で教科書採択手続きが進められていきました。
 貴委員会におかれましても、八重山郡民・県民の「教師のニーズ、地域の人々や父母らに理解を得られるように教科書選びをすべきである」との声に答える形で、同協議会に対し、「慎重に議論をすすめ、八重山郡民・県民が納得する公正・適正な採択ができるよう」にと要請されました。しかし、同地区での教科書採択手続きは、郡民・県民の疑問に全く答えることがないままに進められたといわざるをえず、同地区では「育鵬社」版と「東京書籍」版の2つの教科書が採択されるという結果となりました。2011(平成23)年8月31日までに文部科学省に対し、八重山教科書採択地区のみが「一地区同一教科書」で報告できなかったことから違法状態となりました。その後、貴委員会の指導と援助をうけて、同年9月8日に三市町の教育委員全員による協議が、郡民・県民に公開される中で開催され、「育鵬社」版を不採択にした上で「東京書籍」版が採択されました。その結果をうけて貴委員会が「東京書籍」版を文部科学省に報告したことにより、この採択手続きが完了したものと多くの郡民・県民は受け止めておりました。
 ところが、その後、石垣市と与那国町の教育長が文部科学省に対し「協議無効」の文書を提出したことを理由に、文部科学省は「協議無効」の立場をとり、「国が法的見解を示す」と不当な介入をすすめた結果、「石垣市、与那国町は答申どおりの採択だから無償給付」「竹富町は無償給付の対象外」との結論を押しつけ、今日に至っております。
 当会は、この文部科学省のいう「竹富町違法」という状態は、文部科学省が不当に介入するために自ら作り出したものといわざるを得ないと考えております。また「違法」であるというのであれば、教科書採択手続きはまだ終了していないのであるから、引き続き「一地区同一教科書」の選定手続きをすすめるための指導・援助こそを、貴委員会がなされるべきであると考えています。そしてその指導・援助の対象は竹富町だけでなく、石垣市、与那国町の三市町に対し、公正かつ適正になされなければならないと考えています。
ところで、新聞報道で、貴委員会は「これまでの方針を転換し、竹富町に対し、育鵬社版教科書の採択を要求した。」「方針転換について大城浩前教育長は『聞いていない。教科書の一本化も知らされていない』、県の立場として『地元の意向を尊重したい』との考えをあらためて示した」、とありました。義家文科政務官のいう「指導」についても、「同一地域で二つの教科書を使うことが、是正要求に値する緊急な問題かどうか疑問を呈した」、とのコメントが掲載されました(沖縄タイムス3月31日付)。さらに、4月1日に県教育長に就任なされた貴職は、「これまでの教育庁の流れを踏襲する。変更はない」と述べ、竹富町教育委員会に対し、「『東京書籍』版公民教科書を『育鵬社』版に一本化するよう地元に働きかける方針を示した」とありました(沖縄タイムス4月2日付)。この一連の報道にかかる事実関係については、貴委員会として近日中に郡民・県民にきちんと説明していただく機会をつくっていただくようにお願いすると同時に、今後もひきつづき、法を遵守する立場をつらぬき、義家弘介文部科学政務官らによる「指導」をはじめとする文部科学省の不当・不法な介入を許さず、八重山教科書採択地区内の各市町の採択権を尊重した上で、郡民・県民に理解される採択がなされるよう、引き続き公正かつ適正な指導・援助をなされるよう強く要請するものです。

スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://susumerukai.blog87.fc2.com/tb.php/791-ca4cba59

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

すすめる会

Author:すすめる会
FC2ブログへようこそ!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。