Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://susumerukai.blog87.fc2.com/tb.php/809-42d73e1a

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

4月26日沖縄タイムス

http://article.okinawatimes.co.jp/article/2013-04-26_48517

琉大准教授の除外要求 教育連携で石垣市教委

石垣市教育委員会(玉津博克教育長)と琉球大教育学部(井上講四学部長)が共同で同市で行っている、教育活動支援の連携・協力事業で、玉津教育長が大学側に対し、同事業に携わる特定の准教授について「市教育委員会との信頼を損ねる活動を行う関係者が本協定業務に関わるのは遺憾」として、業務から外すよう求めていたことが25日までに分かった。大学側は「該当する教員はいない」として、従来通り事業を進める方針。

 17日に玉津教育長が琉大教育学部を訪問、井上学部長に文書を提出し、琉大側の見解を文書で回答するよう要望した。この席で玉津教育長は琉大から回答を得るまで事業を一時中断することを打診したという。

 文書中では具体的に名前が挙げられていないが、業務から除外を求められているのは同学部の山口剛史准教授。八重山地区の教科書問題について、これまで新聞や講演会などで石垣市が使用する公民教科書の採択方法や内容を疑問視する意見を述べている。

 山口准教授は「教科書問題への発言と協定の範囲で授業を行うのは別の問題だ」と同市教委からの除外要求を疑問視する。

 教育学部では24日に教授会を開いて対応を検討。該当する教員がいないことや、『業務から外してほしい』という要望は「誤解によるもの」との認識を確認した。同学部は5月末までに、玉津氏に対して回答文書を手渡す予定。回答まで同市教委との事業は一時停止するが、井上学部長は「引き続き事業を進めたい」と話している。玉津教育長は「教育的配慮が必要であり、ノーコメント」と述べるにとどめた。

 同市教委と琉大教育学部との連携・協力に関する協定書は2010年2月に締結され、琉大教員を石垣市の小中学校に派遣し、授業研修などの教育活動支援を行っている。
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://susumerukai.blog87.fc2.com/tb.php/809-42d73e1a

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

すすめる会

Author:すすめる会
FC2ブログへようこそ!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。